女性が持つ素晴らしいパワー、男性はこのパワーを最大限に引き出してほしい。

こんにちは、不安のない未来を設計する結婚プロデューサーの関根(@cekineco)です。

僕は仕事を通じて、たくさんの女性と接してくることができました。

そんな今だからこそ思うことがあります。

女性には、本当に素晴らしいパワーが存在している、と。

そして僕は男性だからこそ思うのですが、男性はこの女性の素晴らしいパワーを最大限に引き出す役目があるのではないか、と。

女性は、言動やスキンシップによって「愛」を感じるととてつもないパワーを発揮します。

そのパワーの具体例を挙げるとするならば、

●男性の運気を上げられる
●男性の収入を上げられる
●男性の存在価値を高められる
●男性を大きな心で包み込んであげられる
●男性を勇気づけてあげられる
●男性をやる気にさせてあげられる

大きなものから細かいものまでざっくりと挙げてみましたが、僕が感じる「女性のパワー」はここまで男性を変えられる力があります。

もちろん男性が持つパワーもあり、重複する部分もあるかもしれませんが、感情や愛、想いなどは圧倒的に女性のほうが素晴らしいものを持っているような気がします。

ですが、残念ながら今はこのパワーを発揮できていなくて、さらには自分のことや恋愛のことで悩んでしまっている女性もたくさんいらっしゃいます。

女性もリードする時代になった

こんな風に囁かれている昨今ですが、この理由は、そもそも男性の自信そのものが弱くなってしまったからではないか?と思う気持ちがあります。

男は男らしく、不器用でもまっすぐに愛を伝えること、スキンシップを取ること、女性の気持ちを理解する心、積極的に良い方向へ導いてくれる強さ、こういう姿があるのはすごくかっこいいと思います。

なぜ僕がこう思うのかは、僕に女性の気持ちがわかるスペックがあるからではありません。

僕と関わってくださる女性が教えてくださいました。

ある女性はこう言います。

「女の子はね、1回のハグだけでも本当に幸せだなって思えるんだよ。そして頑張ろうって思えるし、好きな気持ちも大きくなるから本当に幸せになれるんだよ」と。

本当にこの通りだと思います。

しかし男性は、女性に比べてスキンシップをそこまで重要視しない傾向にあります。

スキンシップを重要視する男性であっても、恥ずかしさや疲れを理由に避けてしまうこともあります。

例えばこれが夫婦生活だとしたら、男性が「仕事で疲れてるんだよ!」と女性の気持ちを全く無視した発言をしてしまえば、女性も「こっちだって疲れてるけどちゃんとやってる!」と言い返したくなるのも当然です。

こうなってしまえばいたちごっこスタート。

一番最悪なパターンは、「誰のおかげで飯食えてるんだ!」と言ってしまう男性。

正直この気持ちも分からなくもないです。というよりも、お互いの言い分はどれもわかるって感じになりますよね。

こういう男女のトラブルが一向になくならないことから、私たちはどうしても「相手がこうしてくれたら自分もこうする」という思考になりやすいんですよね。

あとは「察してほしい」という気持ちや、「自分のことを理解してほしい」という気持ちも。

恋愛がすべて、結婚がすべてとはいいませんし、本心としてもこれがすべてとは思っていません。

気づいて行動できた人は最高の人

男性から恋愛相談や夫婦間の相談を受けた場合、「いろいろ含めた気持ちは充分にわかるし理解もできるけど、改善しようとここまで行動できたのはあなた。だからもう一歩勇気を出して、無理のない範囲であなたから変わってみませんか?」とお伝えしています。

そして女性から恋愛相談や夫婦間の相談を受けた場合も同じです。

僕は男性の味方でもあり女性の味方でもあります。男女のトラブルにおいて一番大切なことはお互いに歩み寄ることです。

ですがなかなかそれが難しいからこそ多くの方が悩む部分で、「なんで自分が変わらなきゃいけないんだ」「相手がこうなのになんで自分ばかり」という感情が芽生えてきてしまいます。

ですからここで宣言しておきます。

●気づいて行動できたあなたは大人
●自分から先に与えることができるあなたは最高

先程も言いましたが、理想論だけで言えばお互いが歩み寄り、思いやりの気持ちをもってパートナシップを営んでいくことです。

この他に改善する方法は1つしかありません。

それが、まずどちらかが歩み寄っていくことなんです。

東京に女性、大阪に男性がいたとします。移動手段は歩きしかありません。さて、この2人が最短最速で会える方法はなんですか?

最短最速なのは、お互いがその瞬間から歩き出すことです。

他の選択肢もあります。次の中で「会える」選択肢はどれですか?

(Ⅰ)男性は動かず女性だけが歩く
(Ⅱ)女性は動かず男性だけが歩く
(Ⅲ)どちらも歩かない

(Ⅲ)どちらも歩かないを選択してしまえば、この2人が会える確率は0になってしまいます。

(Ⅰ)と(Ⅱ)は、お互い歩き出すよりは時間がかかってしまったとしても、諦めなければいつかは必ず会えます。

この理由から、2人の仲の改善を目指すのであれば「男性から先に」「女性から先に」という考えではなく、僕は「気づいたほうが先に」とお伝えしています。

そして実際に僕のところへ来てくださるお客様は女性が9割です。

女性のほうが恋愛に興味があるとは言え、本気でなんとかしたいって思ってるのは女性なんだなぁと思いました。

男性の僕としては、「男ももっとがんばろうぜ?」と感じ、なんか切なくなりますけども。。。

女性のフルパワーは男にとって最強のもの

ちなみに我が家は、必ず僕から行動するようにしています。

少しコミュニケーションの時間が減っているなぁと思えば外食してその時間を作ってみたり、妻の元気が無さそうだなって思えば妻がテンションの上がりそうな話をしてみたり、スキンシップをとってみたり。

それでも僕も人間、完璧にはできないんです。

そもそも器用でもないですし(^_^;)

そして僕の心が今よりももっともっと未熟だった頃は、「なんで俺がどうこうしなきゃいけないんだ」「こっちが愛情を与えたくなるような存在になってくれたら俺ももっと頑張れると思う」「しんどいわーーーーー!」って思っていました。

「誰のおかげで飯食ってるんだ!」こそ言ったことはないものの、我ながら最低だと思います(笑)

なんて言いますか「してもらって当然感」みたいなものがあったんだと思います。

変わることができた今だからこそ言えることがあります。

その女性の自分らしい方法で、その気持ちをお返ししてくれようとしてくれます。

女性は「愛」や「スキンシップ」によって自分自身にも相手にも良い影響を与えることが多いと思いますが、僕の場合は「気遣いや心配り」を「愛」として受け取り、自分自身にも相手にも良い影響を与える傾向にあります。

寝る前の「マッサージしてあげよっかー!」という言葉、家で仕事中のときに「コーヒーでも飲む?」という言葉、パソコンで目が疲れているだろうからってホットアイマスクてきなものを買ってきてくれるなどなど、こういうことが本当に嬉しくて、心がジワーッと温かくなります。

自分から行動したからこういう気持ちを得られたんだって今では思い、それが小さな自信にも繋がっています。

矢印が自分に向いているときはトラブルがやってきて、矢印が相手に向いているときは幸せがやってくる、心からそう思います。

もしこの記事を読んでくださっている方が男性だとしたら、ぜひあなたから歩み寄ってみてください。

女性のパワーを引き出すことができれば、あなたの存在価値は上がりますし、どんどん人に優しくなっていきます。そしてもっともっとそのパワーを引き出すことができれば、女性にはあなたの収入を上げるパワーだってあるのです。

そしてこの記事を読んでくださっている方が女性だとしたら、ぜひあなたから歩み寄ってみてください。

なかなか行動する勇気も持てないかもしれませんし、自分が変わったら本当に相手も変わってくれるの?という不安があるかもしれません。

あなたが愛した男性の愛を信じて、あなたが持つ素晴らしいパワーを男性に与えてみてください。

そうすれば「愛される心」を持つことができ、男性の心を上手くリードしていけば今後お金の不安をはじめ、あらゆる不安をなくすことができます。

それだけ女性の持つパワーは強いのです。

せきねが捨てたもの

最後にこれだけはお伝えしておこうと思います。

僕が「自分から変わろう」と思ったときに、頭ではわかっていても心がそれをさせてくれない感覚がありました。

理性と感情のギャップというものです。

そこで僕は、なぜそれをさせてくれないのかを学び、邪魔なものを捨てる決意をしました。

●ちっぽけなプライド
●固定観念(常識など)
●他力本願
●責任転嫁(自主性を持つ)

この4つです。

こうやって書くと簡単に見えると思うんですけど、自分にとってはずっと付き合ってきた感情たちだったので相当勇気がいりましたし、なかなか捨てきれないものもありました。

つくづく「一生学びだ」と実感しますが、意識して習慣づけていくと少しずつ現実が変化していきます。

この意識して習慣づけるまでが軽めの努力が必要ですが、本当に求めている結果(未来)があるのであれば「努力」とすら感じないかもしれません。

僕は男性女性関係なく、自主性を持って積極的に行動できる人が大好きです。

このような人は必ず変わっていきますし、その勇気を何が何でも無駄にさせたくない気持ちになります。

根本を改善して半永久的なスキルと結果を手に入れるか、今はなにもせずに悩み続ける人生を歩むか、僕はこの二択に絞ったときに、迷わず前者を選択したのでした。

この記事を書いた人

関根 浩平
Kohei Sekine

コムコナ合同会社CEO/恋愛結婚プロデューサー/自立支援・自己実現プロデューサー/セルフコーチング講師/起業9年目、カウンセリング、コンサルティング、コーチングで累計638名以上の方々の悩み改善と目標実現のお手伝いをしています。妻と猫3匹と犬1匹の5人暮らし。

詳しいプロフィール

Twitter、Facebook、Instagramもやってますのでフォローよろしくお願いします!

この記事を読んで「参考になったよ!」という方は、この下にあるTwitter、Facebookボタンからぜひぜひシェアをお願いします!

SEKINE Produce

SEKINE Produce最上位サービス
1年以内に本気で結婚を目指す

【女性限定】
圧倒的にライバルと差をつけるモテ学と男を上げる

【男性限定】
草食系男子&コミュ障必見!半永久的なコミュニケーションテクニックを体得する

ひとりで悩まず
まずはご相談ください。

LINE公式アカウントはじめました!

恋愛、結婚、目標実現に役立つ情報、知識、スキル、ノウハウを音声で無料配信!
さらに!
お友だち追加特典も3つご用意させていただきました!

チャット無料相談も行なっています(・o・)

特典を見る

友だち追加
※友だち追加(登録)も無料です

新着コンテンツ