モラハラ夫がエスカレートしてしまう妻の3つの行動。

DV・モラハラ・トラブル

こんにちは、HSP&エンパス歴32年目、マインドコンサルタントの関根(@cekineco)です。

モラハラ夫に苦しめられている女性、なんとか夫のモラハラを改善できないか悩んでいる女性もいらっしゃると思います。

モラハラ夫のスイッチが入るタイミングを知ることができれば少しは回避できるのかもしれませんが、近い存在だからこそ相手の心を読むのは難しいものなんです。

今日はモラハラ夫がエスカレートしてしまう妻の行動を3つご紹介します。

予めお断りですが、この記事は女性(妻側)の行動を批判しているわけではなく、夫のモラハラをエスカレートさせる確率が高いものを挙げ、モラハラ夫から少しでも解放されることを目的としています。

 

 

【1】我慢しすぎてしまう/自分の意見を言うのが苦手

モラハラ夫は、責められたときに黙ってしまう相手に対して、それを畳み込むかのように激しい口調や言葉の暴力がエスカレートしやすい傾向にあります。

モラハラ夫の意見はきっと、「こいつがなにも言わないのが悪い」と言いますし、挙句の果てには「こいつがもっとまともなら俺はなにも言わない」とトンチンカンなことを言い出すこともあります。

女性に「またなんか言ってるよ」「反論しても意味ない」と呆れられていることなんて知らずにどんどん責めてくるのです。

 

性格的に責められてもグッと堪える人、責められたときに黙ってしまう女性はたくさんいますが、我慢しすぎるのも相手に調子に乗らせてしまうばかりで、イヤな気持ちをずっと味わうことになります。

自分の意見を言うことは悪いことじゃありません。むしろ良いことです。

モラハラ夫は自分が妻を傷つけていることに気づけていない人もいるので、「そんなこと言わないで。傷つくし、私はそんなに強い人じゃないんだよ?」と夫を諭すように自分の意見を言うだけで、夫は自分がしてきたことに気づくかもしれません。

これはモラハラが軽度な場合にしか効果が出ないことがほとんどなので、軽度の方はチャレンジしてみてください。

 

【2】何度も同じ失敗を繰り返してしまう

夫婦は助け合う存在であるべきです。

どちらかが何かを失敗すればそれを2人で補っていくのが理想なんですが、注意をしていても何度も何度も同じ失敗を繰り返してしまう人はモラハラ夫を生み出しやすいです。

また、ミスを引きずっている姿、逆に反省していない姿はモラハラのエスカレートの原因となります。

 

簡単なことなのに何度も失敗をしたり、夫の言っていることが理解できない場合はADHD(注意欠陥/多動性障害)なども考えられますので、あまりにも状態がひどい場合には一度診察をうけることをオススメします。

 

ここで注意しなければいけない状況は、失敗を恐れて自発的な行動ができなくなってしまったり、ネガティブな思考になってしまったりすると夫との関係性において負のスパイラルがはじまってしまうことです。

もし何度も同じ失敗を繰り返してしまうのであれば、ひとりで悩まずに夫に協力してもらう思考を持ち、『また同じ失敗をしないために、どうやって工夫したら良いかな?』と夫に相談してみてください。

 

モラハラ夫は自分の立場が上であることにこだわりを持つ面もあるので、このように救いの手を差し伸べることでアドバイスをしてくれるようになるかもしれません。

仮に夫がアドバイスしたことを行なってもまた同じ失敗をしてしまっても、前ほど暴言を言われなくなる確率が高くなります。

これは「一貫性の原理」という人間が持つ心理があり、夫は自分が行なった助言の一貫性を保ちたい心理があります。ですから「そんなことをしても意味がない」「お前はなにをやってるんだ」というような激しい口調での暴言は少なくなる可能性があります。

 

もっと言えば、夫へ助言を求めたときに『あとはなにか工夫できる?もう他にはないかな?もしあったら全部試すから教えてね』と夫に答えをすべて託した場合、それで妻が失敗をしても怒りにくくなります。

これは少し高度な心理テクニックになりますが、知らず知らずのうちに夫の心をコントロールしていることになり、モラハラ夫の特徴を活かした対処法になります。

 

【3】夫への配慮や尊敬が足りていない

男は結構単純なもので、小さな配慮や尊敬の念を抱いてくれるだけで嬉しくなる生き物なんですね。

実際に僕もそうで、パートナーがちょっとした気遣いや心遣い、仕事しやすいように配慮してくれるとすごく嬉しくて、なにかでお返ししたいなぁと心から思います。

ついつい一緒にいる期間が長くなると、悪気はなくても配慮や尊敬の気持ちが弱くなってしまうかもしれません。

すると「誰のおかげで飯が食えてるんだ!」と見当違いのことを言い出す男、「お前なんか存在価値がない」という暴言を吐き出す男もいます。

 

妻からすれば「あなたがそんな考えだから私もこうなった」と思うでしょうし、夫からすれば「お前がこうだから俺もこう言う」と思うでしょうから、ここをつついても水掛け論になるだけです。

悔しい気持ちもあるかもしれませんが、ここはひとつ、あなたが夫よりも大人になって小さな配慮や小さな尊敬で良いので、旦那さんに伝わるように工夫してみてください。

どんなに工夫してみても夫が改善しなければそれはもう仕方のないことですので、別の方法を試してみることになりますがこれだけで効果が出る場合もありますので、「少しでも改善したい」と思う人はぜひトライしてみてください。

 

まとめ

モラハラ夫がエスカレートしてしまう妻の3つの行動を挙げましたが、当てはまるものはありましたか?

人間関係、とくに夫婦の関係はとても複雑なもので、小さなトラブルが大きな溝になることがありますが、逆に小さなきっかけが大きな溝を埋め始めることもあります。

どうしてもモラハラ夫に耐えられずに離婚を考えている女性もいると思いますが、夫への愛情がまだ少しでも残っているのであれば、なんとか少しでも改善できるようにチャレンジしてみてください。

 

 

恋愛や人間関係の戦略を悪用されない程度に発信するLINE【無料】

関根 浩平

関根 浩平

生まれつきのエンパスとHSPの2つの気質を活かし、徹底した読み解き力で戦略を組み立てる恋愛・結婚・マインドコンサルタント。1対1でガッツリ語り合うセッションとコンテンツ発信に力を入れ、2014年から総勢1021人以上の方々を問題解決へと導く。リピート(継続)率は91%。 得意な技法は、エンパス、心理学、人相学、脳科学。妻と0歳の息子(通称:ぷんた)、猫3匹、犬1匹の微妙に大家族。強みを活かして企業やフリーランスの方々のホームページ制作もしてますが、WEBデザイナーではないのです。

関連記事

特集記事

関根 浩平

関根 浩平

生まれつきのエンパスとHSPの2つの気質を活かし、徹底した読み解き力で戦略を組み立てる恋愛・結婚・マインドコンサルタント。リピート(継続)率は91%。 得意な技法は、エンパス、心理学、人相学、脳科学。妻と0歳の息子(通称:ぷんた)、猫3匹、犬1匹の微妙に大家族。

新着コンテンツ

  1. 「去る者追わず」の意味を明確にしておくだけで悩みは減る

  2. 「自分の人生なんだから好きなことしなさい」に洗脳されてはいけない。

  3. HSPやエンパス気質の人、スピ系の人がよく言う「嘘がわかる」はだいたい嘘(詐欺)。

  4. HSPが非HSPの彼(彼女)と同棲する前に心得ておくこと5選。

  5. 他人の文句ばかり言ってる人へのオススメの対処法。

  6. 女性からの恋愛相談で相談相手を好きになる理由と対処法。

人気記事ランキング

  1. 1

    【実例あり】あげまん女性と別れたらどうなるのか専門家が解説【復縁の方法も】

  2. 2

    別れた男が不幸になる?!そんなあなたのスキルはあげまん女性なのです。

  3. 3

    【究極の思考】結婚も人生も、なるようになるし、なるようにしかならない。

  4. 4

    子供のリストカットをやめさせるにはどうしたら良いかをお答えします【実話を話します】

  5. 5

    HSPの原因は?親?脳の病気?家庭環境?【僕の幼少期の体罰問題も話します】

TOP