起業・副業

嫌われている経営者が従業員から思われていること【嫌われやすい経営者の特徴も】

2020年4月4日

こんにちは、エンパシスト兼マインドプロデューサーの関根(@cekineco)です。

世の中には数多くの会社が存在し、100社あれば100人の経営者がいて100通りの経営方針があると思っています。

経営者も人間なので、100人いれば100通りの個性があるとも言えます。従業員から信頼されたり愛されたりしている経営者もいれば、残念ながら嫌われている経営者もたくさんいます。

むしろ、嫌われている経営者のほうが多いかもしれません。

そもそも論として会社経営は人に好かれるために行なうわけではないので、必ず好かれたり愛されたりする必要はありません。

ですが、特に中小企業や地域密着型ビジネスの場合、経営者が1人の人間として従業員から信頼されたり、志や姿勢に感銘を受けたりすることが売上に大きく繋がっていることも忘れてはいけません。

 

中小企業や地域密着型ビジネスの良し悪し

こんなTweetをしました。

実体験から僕は、建前ではなく本音でこう思っています。

そして僕は、これこそが中小企業や地域密着型ビジネスの良いところでもあり、悪いところでもあると思っています。悪いところというと語弊がありますが、経営者次第で売上にも集客にも雰囲気にも直結しているなぁと感じるんです。

むしろこれを分かっている経営者は素晴らしいの一言に尽きます。

自分次第で売上が変わる
自分次第で従業員が変わる
自分次第で雰囲気が変わる

ここを理解している経営者はきっと従業員からも顧客からも愛されているはずなんですね。

 

嫌われやすい社長の特徴

ここで、嫌われやすい経営者の特徴をお話しておきます。

ドドッといきます。

情緒不安定
言っていることがコロコロ変わる
びっくりするほどのケチ
決断が遅く従業員を常に困らせる
嫌な仕事を従業員に任せる
発言と行動が違いすぎる
頭ごなしにキレる
給料払ってやってると言い出す
働かせてやってると思っている

問答無用で上の特徴に当てはまっている社長は嫌われています。

基本的に経営者というポジションは好かれにくいポジションではありますが、人間性が疑われる経営者はシンプルに嫌われてしまっています。

そして残念ながら多くの場合、経営者は「自分は悪くない。従業員が使えないんだ」と言い出します。

あなたの会社にいる従業員なんだから、それもこれもすべてあなたの責任ですよ!

と言いたくなってしまいます。

 

嫌われている社長が従業員から思われていること

僕はこれまで、従業員から嫌われている経営者と何人もお会いしたことがあるのですが、今回はとある1人の経営者の話をしてみます。

経営コンサルを依頼していただいたので、そのとき、当時の状況を諸々調査していました。

経営者からは「従業員を入れ替えたい」という言葉を受けていました。この話を聞いたときに「いろいろとなにかあるんだろうなぁ」と思っていました。

サービス業だったので、ただ従業員を入れ替えるにしても求人コストもかかりますし研修コストもかなりかかります。コストでいえば他にも時間のコスト、労力(人件費)のコストもかかってしまいます。

 

僕は社長に聞きました。

「社長。社長が目標としているのは売上を上げることですか?それとも今の従業員を切ることですか?」

すると社長は「もちろん売上ですねぇ。でも従業員が全然働かなくて・・・」と答えました。

僕は一度、従業員全員と個別で面談させてもらうことにしました。コンサルとして加わるご挨拶も兼ねて。

 

僕は面談するときや面接をする際に必ず質問することがあります。

●どうしてお金を稼ごうと思う?
●どんな目標があるの?

言葉の言い回しは変わりますが、この2つは必ず聞くようにしています。

なぜかと言いますと、この質問をすると、一人ひとりの個性も好きなこともやりたいこともいろいろ見えてくるからなんです。

この子はこういう目的があってお金を稼いでいる、あの子は家族に少しでも楽をしてもらおうと思って稼いでいる、こんな感じです。

たまたま知るのではなく、自分から知ろうとすることで、従業員の人間性も個性も魅力もたくさん見えてきます。

 

面談でも15分ほどざっくばらんにお話をしましたが、本当にすべての従業員がやる気はあるし、良いマインドを持った人たちに感じました。

とはいえ、社長へのグチもたくさん聞き、いろいろなことも教えてくれました。もちろん社長には内密にすることを条件で。

そもそも本当に従業員が「働かない人たち」だったとしても、根本となる原因と責任は社長です。ですから、従業員をどうこうするのではなく、社長に変化してもらわなければいけません。

売上が良ければそのままでも良いですが、こういうところに限って毎月赤字を叩き出していたりするから厄介なんです。

というわけで僕は従業員を切り捨てることはオススメせず「切り捨てても結果同じことになります」と社長に伝えました。

 

大学生の男の子の従業員がいました。

その子が急に「関根さん、◯◯さん(社長)の言ってることを当てにして疲れすぎないようにしてくださいね・・・僕たちのこともいろいろ言われていると思いますが、僕たちからすると全然話が違うんです」と話してきてくれました。

これまでに本当にいろいろあったんだなぁと推測できます。

僕の任務は「売上を伸ばすこと」なので、依頼主の社長から好かれることでも従業員から好かれることでもありません。逆に言えば売上アップに繋がることは根本部分から何でも提案します。

今回の場合、従業員は社長のことを一切信頼しておらず、多くの従業員が「なにも分かっていない」「口だけ」「ウソをつく」と口を揃えて言っていました。

その結果「社長がこんなんなんだから、うちらも好きなことしよーぜ?頑張る意味ないし!」と社長のいないところで自由になります。

 

これではいくら社長が売上を上げようと思っても、誰も協力してくれる従業員もいなければ、熱心に働いてくれる従業員もいません。つまり「売上減少」「赤字続き」となり、行く末は「廃業」となります。

僕は社長と従業員の間に入り、お互いが勘違いしていることや思っていることの伝達を行ないました。

クッション役が1人いるだけで結構変わるものです。

「◯◯さん(社長)がそんなふうにうちらを思ってくれてるなんて知らなかった」という言葉も何度も従業員から聞きましたし、逆に社長からは「みんな本当は良い子たちなんだね。売上を上げて時給をもっと上げてあげたい」なんて言葉も聞きました。

結局のところ、お互いの気持ちがすれ違ってしまっていただけなんですよね。

社長が従業員に対し「働かせてやってる」「給料払ってやってる」と思うならば、従業員は「働いてやってる」と思うでしょう。その逆も然りです。

すごくシンプルなことなのですが、従業員に対し「いつも一生懸命働いてくれてありがとう!給料も少なくて申し訳ないんだけど、受け取ってね」という姿勢を見せれば、従業員も「こちらこそ働かせてくださってありがとうございます!給料もありがとうございます!」となります。

 

従業員がそう思わないから経営者の自分はしないのではなく、会社のトップとして手本となる方に、経営者が率先して自分から感謝の気持ちを伝えてあげなければ変わりません。

これが理解できない経営者は残念ながらどんどん廃れていってしまいます。

綺麗事ではなく、すべては人間同士ということです。

人間関係や職場の雰囲気が良好であれば、少しくらい給料が安くても、少しくらい激務でも人はがんばれます。がんばろうと思えるんです。

これが「人の気持ち」です。

従業員にかける言葉、あなたの姿勢や行動、明日からぜひ意識して取り組んでみてくださいね。

 

併せて読みたい
低予算・少資本で安定した集客をしていく現代の方法。

続きを見る

併せて読みたい
あなたの想いやサービスの魅力、お客さんに届いていますか?

続きを見る

併せて読みたい
【SEO対策具体例あり】ITを使った集客戦略で「潰れないお店」を作るメソッドとは?

続きを見る

 

もっと学びませんか?

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

関根 浩平/KOHEI SEKINE

生まれ持った気質である「エンパス」を使い、2014年から精神の専門家として北は北海道、南は沖縄県までの累計738名以上の方々の恋愛、結婚、人間関係、仕事、人生など精神支援と目標支援を行なっています。

猫3匹、犬1匹に毎日癒やしをもらって過ごしています。「なんちゃって自己啓発」が大嫌いです。


-起業・副業
-, ,

Copyright© ROOT MIND PRODUCE , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.