婚活・結婚

せきね、入籍する。

2019年5月1日

こんにちは、エンパシスト兼マインドプロデューサーの関根(@cekineco)です。

私事ではありますが、本日令和元年05月01日、かねてよりお付き合いをしておりました陽夏さんと入籍しました。午前中に区役所のほうに入籍届を出し、無事に夫婦になることができました。

祝日ですので婚姻届は提出のみで正式に受理されるのは05月07日になるとのことですが、書類等に不備がなければ提出日(つまり今日)が入籍日として認められるそうです。

まだアップしたことない陽夏さんの写真を探していたら、一昨年奄美大島に行ったときの写真を見つけました。普段自撮りをすることのない陽夏さんがおふざけで撮った自撮り写真(笑)

交際からもうすぐ3年8ヶ月で、一緒に住むようになってからは今月でちょうど3年になります。早いのか遅いのか、よくわからない感覚です。

結婚の話が本格的に進みだしたのは去年末です。そして2月頭にはそれぞれの両親にご挨拶、3月頭に両家顔合わせを行いました。

入籍日は陽夏さんに決めてもらおうと思い、「陽夏の誕生日にする?」「4年の記念日(09月10日)にする?」と聞いてみたのですが、2人のことなのに自分の誕生日はなんかイヤ、記念日だと遠すぎるということで、平成が終わり令和がはじまるタイミングを選びました。僕も陽夏さんもあまりこだわりがないのですが、たまたま05月01日は大安でもありました。

正直なことを言いますと、僕は「いつか結婚できれば良いかなぁ」なんて考えていたタイプで、あまり結婚に興味がありませんでした。陽夏さんもそれをわかっていたので、本当に結婚してくれるのかと度々不安になっていたこともあったそうです。

入籍日が近づくに連れて「夫婦」という言葉や「夫」「妻」という言葉、そして区役所等で「奥様」や「旦那様」という言葉を聞くたびに不思議な感覚になります。「そうか、結婚するんだ」と。それと同時に、恥じるようなことはできない、しっかりと責任を持とうという気持ちが強くなりました。

今日以降、特別生活が変わるなどはありません。これまで通りひとつ屋根の下で、愛猫のこなつ、こむぎ、こまめ、そして愛犬のころんと仲良く暮らしていきます。衣食住があり、癒やしもあり、協力しあえる強い味方がいるということは本当に幸せです。

これから、家族みんなを幸せにできるように、そして家族の幸せが自分の幸せだと心から感じられるように、数多くの学びを通じて日々歩んでいきます。皆様方、今後共どうぞよろしくお願い致します。

もっと学びませんか?

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

関根 浩平/KOHEI SEKINE

悩みの根本原因を見抜き、根本から改善に導くコーチ・マインドコンサルタント。エンパス・HSPを活かして生きる、心の専門家。

心を知ると経営、恋愛などすべての人生に役立ちます。

顔色を伺って意味のないセッションは大嫌いなので、「結果」に全力投球しています。

リピート率87%、累計顧客数813名。

-婚活・結婚

© 2020 Since 2011 COMCONA INC. All Rights Reserved.