自立支援・自己実現

インナーチャイルドを効果的に癒やす方法【一時的な癒やしは意味がありません】

2019年11月10日

こんにちは、エンパシスト兼マインドプロデューサーの関根(@cekineco)です。

インナーチャイルドとは、「内なる子供」や「傷ついた子供の心」を意味していますが、アダルトチルドレンの方においてはインナーチャイルドである可能性が非常に高いと言われています。

アダルトチルドレンについての詳しい説明は、「【毒親・虐待】アダルトチルドレンの13の原因、特徴、具体的な改善策。」を読んでいただけましたらきっと理解が深まると思います。

今回は、この傷ついた子供の心「インナーチャイルド」を癒やしていく効果的な方法についてお話していくのですが、スピリチュアル界隈ではよくある「癒やしのワークやセラピー」ではありません。

癒やしのワークやセラピーの落とし穴

今回のテーマの結論を先にお話します。

インナーチャイルドを癒やすためには「過去の自分を許す/認める」ことを推奨されていて、こういうワークもありますが、過去を振り返っても一時的には心が軽くなっても、根本は改善されないんじゃないかなと思っています。過去どうだったかじゃなくて、今、そしてこれからどう生きるかのほうが大切。

繰り返しになりますが、インナーチャイルドを癒やすワークやセラピーは世の中にたくさんあります。

これ自体を否定するつもりもありませんし、詐欺的なものであるとも思っていないのですが、僕の経験上、そして人間の心理を考えると、ここには落とし穴が存在していると感じます。

その落とし穴というのが、Tweetにもありますように「一時的な癒やしであるということ」です。

癒やしのワークやセラピーでは、多くの場合、過去の記憶を辿り、そのときの自分自身の気持ちを認めることや許すことで、傷ついた心が癒えていくことを掲げています。

もちろんこれで気持ちが楽になったり、少しトラウマが解消されたような気持ちになったりすることはあると思います。

ですがここが問題。

結局はワークやセラピーでは改善されず、結局僕のところに相談に来られる方が少なく見積もっても10人〜15人はいました。

そうなんです。

仮に気持ちが楽になっても私たち人間は、現状維持の力が強いので、すぐに元の状態(傷ついた心の状態)に戻ってしまうのです。

そして、傷ついた心が一時的に癒えたとしても、今(現状)がなにか変わったわけではないので、そこでまた人は悩んでしまうのです。

目的は「癒やす」ことではなく「生きやすさを得る」こと

見出しでネタバレしてしまっていますが、インナーチャイルドを癒やす目的はなんでしょうか?

スピリチュアルが大好きな人であれば興味本位の場合もあると思いますが、多くの人の場合は、傷ついた心を癒やすのが目的ではなく、今、そして今後の人生が生きやすくなることが目的だと思いませんか?

もっというと「幸せにいきるため」「目標を達成させるため」ではありませんか?

目的が「癒やし」となってしまうと、癒やすことだけが目的となってしまうため、たとえそれで一時的な癒やしを得たとしても、生きやすさや幸せに生きることに繋がらない可能性が高くなってしまうのです。

インナーチャイルドの効果的な癒やし方

ご相談者様を実際にコーチングさせていただくとよくわかります。

最初の段階では「心に癒やしがほしい」や「トラウマを克服したい」とお話してくださることが多いです。

しかし実際にお話を伺ったり、質問を繰り返していくと、本来の目的は「癒やしが欲しいわけではなかったこと」にご相談者様が気づきます。

そうか、私は幸せに生きたいんだ。
そうか、私はこの目標を達成させたいんだ。

本来の目的はここになります。

ということは、僕が思う「インナーチャイルドの効果的な癒やし方」は、幸せに生きることや目標を達成させることなのです。

具体的に言うと、結婚すること、素敵な恋愛をすること、起業すること、やりたいことをやることなど様々です。

あなたが変えられるのは過去ではなく、今、そして未来しかないのです。

生き方革命こそが幸せに繋がる実話

今はこのようなブログを書けるようになりましたが、僕自身アダルトチルドレンであり、インナーチャイルドです。

上の記事に僕の幼少期について正直に話していますので、どうぞご覧ください。

僕は今、自分のやりたい仕事と向いている仕事をしながら、妻と猫3匹と犬1匹と毎日楽しく暮らしています。

特別な悩みもありませんし、悩んだときにすべきことも自分の中で完全に定まっています。

ですが「癒やし」だけにフォーカスしてみると、僕はインナーチャイルドの癒やしのワークやセラピーを受けたことはありません。

目標を達成させていくことで自動的に心は癒やされ、過去ではなく「今」と「未来」にだけ集中することができるようになるからです。

僕は今後もやりたいことがたくさんあります。

傷ついた心に目を向けてしまうと、エネルギーの方向がやりたいことのエネルギーとは逆方向に動いてしまいます。

言葉ではわかりにくいと思うので図を用意しました。

エネルギーというのはとても良くも悪くも私たちに影響しています。

簡単なイメージです。

プラスエネルギー
●やる気がある
●ポジティブな思考でいられる
●楽しく感じる
●幸せに感じる
●美味しいものを食べて心が喜んでいる
etc...
マイナスエネルギー
●嫌なことを考える
●嫌なことをする
●疲れている
●長期間悩んでいる
●固定観念に苦しんでいる
etc...

このような感じです。

どちらのエネルギーを使うか、どちらのエネルギーを出していくかは自分次第であり、なおかつそれは「今」です。

まとめ

今やりたいこと、今幸せだと感じられることをしましょう。

これがインナーチャイルドには一番効果的なサプリメントだと僕は実体験からもそう思っています。

そしてご相談に来てくださった方全員にこの方法を推奨し、生き方革命していただいています。

生き方革命の主軸は常に「自分」です。

誰から何をやれとかではなく、自分の意思で自分のやりたいことをやっていくことが最も大切です。

その上で、自分の幸せや成し遂げたいことに向かって必要になる考え方や捉え方を学び、気づきを得ていくのです。

こうすることで感じ方も変わり、自分自身の向かうべき方法が迷いなく明らかになってきます。

あなたが今どん底にいて、一時的にでもなんとかしたいという場合はインナーチャイルドを癒やすワークやセラピーも良いかもしれません。

しかし、それは長くは続かない癒やしである可能性を知った上で、今後あなたの幸せや目標に向かって進んでいきましょう。必ずプラスアルファで「今」と「将来」にも目を向けてくださいね。

もっと学びませんか?

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

関根 浩平/KOHEI SEKINE

生まれ持った気質である「エンパス」を使い、2014年から精神の専門家として北は北海道、南は沖縄県までの累計738名以上の方々の恋愛、結婚、人間関係、仕事、人生など精神支援と目標支援を行なっています。

猫3匹、犬1匹に毎日癒やしをもらって過ごしています。「なんちゃって自己啓発」が大嫌いです。


▶︎ 詳しいプロフィールはこちら

-自立支援・自己実現
-,

Copyright© ROOT MIND PRODUCE , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.