幸せの作り方 恋愛・恋人・夫婦

自分を知り、その自分を理解することで周りの人をキャスティングできる

こんにちは、エンパシスト兼マインドプロデューサーの関根(@cekineco)です。

肉体的に疲れていても、精神的に疲れていても、落ち込むことがあって元気がないときでも、僕には「寝ること」以外にかなり早い段階で元気になる方法があります。

その方法がこちらです。

 

 

仲の良い人や気の合う人、大切な人と楽しく話すことで、僕は肉体も精神も回復する仕組みになっているようなんですね。

もちろん肉体的な疲れや精神的な疲れは、しっかりと食事と睡眠を摂ればある程度は回復するようにできていますが、僕からすると食事や睡眠よりも「楽しく話すこと」のほうが優先順位も効果も高いんです。

いろいろな回復法を試してみた結果でもあり、自分自身と向き合ってみた結果でもあります。

 

どうすれば回復できるかを知っておくことで、どうすれば元気がなくなっていくかも知ることができます。

この記事をお読みのあなたは、どうすれば回復できて、どうすれば元気がなくなるかをわかっていますか?

体や精神が反応するものなので、今はわかっていない方でも少し考えたらすぐにわかるはずなので、ぜひ知っておいてください。

 

自分を知り、自分を理解する

自分を知らず、自分を理解できていないと、なにかに悩んだときにどうすればいいか、何を変えればいいかも同時に悩んでしまい、悩みが悩みを生み続けてしまうんですね。

挙句の果てに、変えなくてもいいところまで変えてしまおうと思ってしまうと自分が自分じゃない感覚に陥ったり、自分がつまらない人間になってしまうこともあります。

 

併せて読みたい
【心の迷子】長年悩みすぎないために行なう「変えるべき心」と「変えないべき心」の選別。

続きを見る

 

変えるべき心と変えなくてもいい心があるので、そちらは上の記事を参考にしてみてください。

自分を知ることと自分を理解することは似て非なるものです。

知ることというのは、発見や認識です。

理解することというのは、承認です。

自分のことを知っていても、それを承認(認めること)できていないと、自分の気持ちに逆らった思考や行動をすることで苦しみます。

性格の部分は時間をかければ変えられますが、気質は変えられるものではないですし治すものでもありません。

それが「個性」なので、その個性を大切にすることが豊かな心や豊かな人生に繋がっていきます。

 

「これが私なんだ」

こんな風に自分を認めてしまうと気持ちが楽になりますし、ベースが決まればブレや迷いが減り、するべきことやしないほうがいいことも見えてきます。

 

自分が元気になるようなキャスティングをする

すごく高飛車に思われてしまうかもですが、僕は自分にとって不利益になるような人やめんどくさい人とは一切付き合いません。

ストレスになりますし時間ももったいないので、これは今も昔も未来も変わらない考え方だと思います。

親や兄弟は自分で選ぶことができませんが、関わり合う人はある程度自分で選択することができます。友達や恋人に関しては完全に自分が選択できるものです。

スピリチュアル的な話をすれば、親は自分で選んで生まれてきたという見方もあるのですが、今回はスピリチュアルの話ではないので一旦置いておきますね。

 

キャスティングというのは、映画やドラマの世界ではよく使われる言葉で、簡単にいいますと「主役は誰に、脇役は誰にしよう」と決めていくのがキャスティングです。

 

あなたが感情的になって怒りたいときには、あなたのストレスを溜めるような人をキャスティングすれば、あなたは感情的になって怒れます。
あなたが優しい気持ちになりたいときは、あなたの気持ちを理解して優しくしてくれたり親切にしてくれる人をキャスティングすれば、あなたは優しい気持ちになれます。
あなたが楽しい気持ちになりたいときは、自分の気持ちに余裕をつくり、あなたと趣味嗜好が合ってそれを一緒に楽しんでくれる人をキャステングすれば、あなたは楽しい気持ちになれます。

 

こんな感じで、今自分の身の回りにいる友達や恋人は、自分自身でキャスティングした結果でもあるんですね。

そしてキャスティングはいつでも変更可能です。

そう簡単にはキャスティングできない関係(親や職場の人)の場合は、深く関わらないことや距離を置くことなどの対処も自分自身で選択することができます。

どうせなら、自分が楽しくなったり嬉しくなったり、ポジティブな気持ちになる人をキャスティングしたいと思いませんか?

 

捨てる勇気がないと思い切ったキャスティングはできない

散らかった部屋をキレイにする場合、使っていないものや無くてもいいものを捨てないとキレイな部屋にはなりません。

思い出があるものを捨てるときは勇気も必要かもしれませんが、その勇気は「キレイな部屋」との交換です。

今をより良く生きるために心を整理したり、良い環境や良いマインドをつくっていくためには、捨てなければいけないものがあります。

無駄なプライド
自分の邪魔をしているこだわり
自分を不幸にしている人間関係

ここも物を捨てるときと同じで、思い入れのあることや思い出がある人との関係性を断ち切るためには大きな勇気が必要かもしれません。

ですが、今それらが自分を苦しめているのであれば、思い切った決断をして人間関係であればキャスティングし直したほうがいいんです。

過去の栄光にこだわっているといつまでも次に進めません。

 

 

Twitterでもつぶやきましたが、相手の判断に委ねた人付き合いや恋愛はつらいですし、不安も尽きません。

選択権はいつでも自分にも相手にもあります。フェアな関係なんです。

恋愛で「フラれるたらどうしよう」と考えて、「今」に集中できずに不安な思考、発言、行動をしていれば、相手だって不満を抱きます。

結果的にその不満が「フラれる」という結果に繋がってしまうことだってあります。

ですが、フラレずに未来も一緒にいる関係かもしれません。

 

つまり、未来のことなんて誰にもわからないことばかりなので、考えても悩んでも不安に思ってもどうしようもないことです。

繰り返しになりますが、「わからないこと」にくよくよと悩むのならば、「今」を一生懸命に生きたほうが未来に繋がります。

自分でポジティブな気持ちになるようにキャスティングし、より良い今を、そしてより良い人生をメイキングしていきましょう。

 

併せて読みたい
【画像あり】ココナラで4年ぶりにセッションを行なってみた結果・・・。

続きを見る

 

もっと学びませんか?

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

関根 浩平/KOHEI SEKINE

悩みの根本原因を見抜き、根本から改善に導くコーチ・マインドコンサルタント。エンパス・HSPを活かして生きる、心の専門家。

心を知ると経営、恋愛などすべての人生に役立ちます。

顔色を伺って意味のないセッションは大嫌いなので、「結果」に全力投球しています。

リピート率87%、累計顧客数813名。

-幸せの作り方, 恋愛・恋人・夫婦
-, , , ,

Copyright© ROOT MIND PRODUCE , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.