婚活・結婚

自由に生きたいと思う結婚は相手に失礼?!【結婚の正しい形なんてないから2人の自由】

こんにちは、エンパシスト兼マインドプロデューサーの関根(@cekineco)です。

先日、友人からこんな相談を受けました。

結婚を何度も迫ってきてくれる男性がいて、そこまで言ってくれるなら結婚してもいいのかなって思ってる。

でも「結婚」自体に興味がないし、仕事もしたいし、好きかどうかもわからないから一緒に住むのは何年先になるかわからない、単身赴任状態(笑)

こんな状態でも結婚していいものなのか、相手に失礼なんじゃないかと考えている。

かいつまんで言うとこんな感じのお話です。

ちなみにこの女性、仕事大好きのめちゃくちゃ自由人。周りから経営者になればいいのにと言われるほど仕事はできる模様で、本人もそれを自覚していると思います。

ちなみに「猫になりたい」が口癖。

この友人に限らず、恋愛結婚相談で「相手に失礼なんじゃないか?」と考える方は結構多いんですね。

このあたり、昔のあたりまえを頑固に引きずってしまうと悩みやすいものですし、「自由な人生」から「制約の多い人生」になっていってしまう元です。

 

相手に失礼かどうかは話し合えばわかる

今回のこの友人のように、結婚を迫ってきてくれる男性がいる場合は「相手に失礼なんじゃないか?」と考えるのは完全に無駄です。

「この人とどうしても結婚したいけど、自分の意見も通したい」と思っている場合にはある程度の戦略や話の持っていき方がありますが。

ですがこの友人の場合は、相手の男性がゾッコンなわけで、「結婚の条件」のような上から目線のものではなく、「結婚したとしてもこうしたい」という意見は言えますし、ましてやその意見が通りやすい状況にあるわけです。

 

たとえば、こんな自分の意見があったとします。

すぐには一緒に住めない
結婚後も仕事がしたい
子供は求めていない
自由に好きなことして生きたい

これらを相手の男性に伝えたときに、「それでもいいから結婚してほしい!」と言ってもらえたら結婚するデメリットは最低限回避できます。

常識的な思考がある人は、「え、それだったら結婚なんてしなきゃいいのに」と思うかもしれません。

 

一昔前は、「男性が外で働き、女性は家を守る」みたいな思考が一般的でした。

今は、男性でも主夫は大勢いますし、はたらく女性も多いのが現実で、経済の悪化から完全に常識が崩れつつあります。

だからこそ「結婚とはこうあるべきである」という表面的なもの(夫が働き、妻が家事など)は時代遅れであって、楽しい人生を歩んでいく上で弊害になる思考なんですね。

 

何度もこのブログでもお話していますが、「結婚とは?」の答えはただ1つです。

結婚とは、2人の人生の共有である

これに尽きます。

これが根本にあるので、結婚にどういった価値観があろうとも、常識的な思考がなかろうとも、それを2人が共有し認め合い、価値観をすり合わせていければある意味なんでもOKなんです。

 

友人の場合、相手の男性が「それは僕に失礼じゃないか!」というのであれば、「じゃあごめんなさい、結婚はできない」で済む話ということです。

逆に相手の男性が「そんなのはもちろんそうしよう!どんな形であれ、2人で今後の人生を歩んでいきたいんだ」というのであれば、相手に失礼でもなんでもないわけです。

 

離婚を恐れず、リスクヘッジすること

今結婚している人は、結婚する前はわからなかったこと、結婚したからこそわかったことがたくさんあると思います。

誰一人として、「結婚する前からなにもかも知っていた。結婚後にわかったことなんて1つもない」という人はいないはずです。

「結婚したから離婚はダメだ」という固定観念があると、なかなか納得がいかない相手の価値観や行動を我慢するしかなくなってしまいます。

こうなると苦しい毎日になってしまうのは言うまでもなく。

 

子育てをしている女性は、金銭的な理由で離婚したくてもできないという人はめちゃくちゃ多いです。

これは男性側にも女性側にも言えることなんですが、現実はどうであれ、思考として「おんぶにだっこ」状態だと、いざというときに決断しにくいものになってしまいます。

女性であれば、シングルマザーになったときにどうしていくか、パートで働いたとしてそれ以外になんとか月3万円でも稼げないか、といった「稼ぐ力」も必要になってきます。

男性であれば経済力があれば家事は人に任せられると思いますし、食事は外食やコンビニで済ませられると思いますが、経済力がないのであればすべて自分でやらなければいけません。

甘えきった思考で結婚生活を送っていると、あとで大きなツケがまわってきてしまうんです。

 

とはいえ、離婚を恐れないということは「自分の意見をしっかりと言える状態である」ということです。

ただし、離婚を恐れていないことと、だからといって協力する気がないのはまったく別物です。

1人じゃ難しいことを、2人で協力して実現させる。

1人じゃ不安なことを、2人で補っていく

結婚にはこういった側面もあると思うんですね。

 

相手が「それでもいい」というのなら全然かまいませんが、協力や共有をボイコットしてしまえば結婚生活は成り立ちません。

 

自由に生きたい人に向いている結婚相手

こんなツイートをしました。

友人に「相手が経営者とかだったら、今の自分の理想は実現しやすくなると思うけどね〜」と話したら、「あー、サラリーマンだわ笑」と話していました。

もちろんサラリーマンだからダメ、経営者だから良いというわけではなく、「生き方の価値観」の問題なんですね。

趣味もない、勉強もしない、向上心がないサラリーマンは仕事が終わったらやることがなくて退屈しがち。退屈だから毎日テレビを見ながらお酒を飲んで、みたいな生活をする人が多いです。

こうなったときに妻が自分の好きなことをしていたり、家にいないことに不満を感じる夫もいるので、このあたりの価値観もしっかりと共有してすり合わせしておくといいです。

 

「結婚」と聞くと、形式張ったものや堅苦しいイメージがあるかもしれませんが、結局は当事者同士が幸せになっていくためのものだと思うんですね。

親がこういう、世間がこういうではなしに、2人がどんな人生を歩んでいきたいか、相手の価値観を認めてあげられるか、こういったところが大切です。

 

これから結婚される方、同調圧力に負けず、昔からの面倒なしきたりに負けず、自分たちの幸せを貫いてくださいね。

悩んだときは、ぜひ僕に一度ご相談を。

 

もっと学びませんか?

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

関根 浩平/KOHEI SEKINE

悩みの根本原因を見抜き、根本から改善に導くコーチ・マインドコンサルタント。エンパス・HSPを活かして生きる、心の専門家。

心を知ると経営、恋愛などすべての人生に役立ちます。

顔色を伺って意味のないセッションは大嫌いなので、「結果」に全力投球しています。

リピート率87%、累計顧客数813名。

-婚活・結婚
-, , , ,

© 2020 Since 2011 COMCONA INC. All Rights Reserved.