自立支援・自己実現

生きづらさを感じることで現実と未来を暗くしてしまう理由。

2019年12月18日

こんにちは、エンパシスト兼マインドプロデューサーの関根(@cekineco)です。

お金の悩みや人間関係の悩み、自分の思い通りにならないなど、私たち人間は何かしらの悩みを抱えています。

翌日は解消されているような悩みであれば何の問題もないのですが、長く、そして深く悩み続けてしまうと「生きづらさ」を感じる原因となってしまいます。

そして、その気持ちが現実を暗くしてしまい、さらには未来まで暗くさせてしまっているのではないでしょうか。

「現実や未来を明るく」と言うと胡散臭く聞こえてしまうと思うので、現実も未来も楽しく生きづらさを感じない日々を送っていけるように、今回のテーマをお話していきますね。

性格を変えるのは難しいからこそ

先日、こんなTweetをしました。

生きづらさを感じる原因は「考え方のクセ」であることが多いのですが、このまま過ごしていると現実も未来も暗いものになってしまいます。

楽しい人生を送っている人もいればそうじゃない人もいます。考え方を変えれば現実も未来も明るくなるので、良くない思い込みを捨てるところからスタートです。

今回のテーマの結論なのですが、補足しつつ深堀りしていきますね。

まず、性格を変えるのは難しいことですし、ある程度の時間もかかります。

それもそのはず。長年連れ添った性格ですから、良くも悪くもその考え方や感じ方はクセになってしまっています。

性格は潜在意識(無意識)であり、さらには思い込みや思考のクセも潜在意識(無意識)ですので、深いところに潜ってしまっているなにかをすぐに変えるのは難しいのです。

ですから、生きづらさから解放されるために、そして楽しく生きていくために、いきなり「性格をガラリと変えよう!」と思わなくても大丈夫ということです。

今すぐに変えられること、今すぐには変えられないことを自分自身で知ることが大切なのです。

例えば、冒頭で生きづらさを感じる理由に「考え方のクセ」があるとお伝えしましたが、僕のこの記事を読んで、

「そんなはずはない、これはもう運命なんだ!なにをしても変えられないんだ」

と思うのも、

「そうか、たしかにそうなのかもしれない。何から始めていけば良いんだろう」

と思うのも、その人の考え方であり、この考え方によって多くの結果を作り出しています。

何かを変えようとするとき、何かにチャレンジするときは思い込みを捨ててフラットな気持ちになることがオススメです。自分の知らない世界ってたくさんありますから、「学ぶ意識」ってすごく重要です。

逆に、僕はあなたの知っている世界をほぼ知らないかもしれません。その場合、あなたは僕の先生なのです。

自分自身を苦しめる思い込みを捨てよう

人間の良いところでもあり、悪いところだなぁと強く感じるのは、私たちには良くも悪くも「思い込み」があるということです。

思い込みや先入観でこれまでに損をした経験はありませんか?

僕は昔はものすごく思い込みも強くこだわりも強い人間で、今考えてみると損をしていた経験がたくさんあります。

この思い込みやこだわりがすべて良い方向に進めば「これが正解だったんだ」となるのですが、実際は逆で、悪い方向に進んでしまうことが大半でした。

当然生きづらさも感じていましたし、こんな人生イヤだと思ったこともありましたし、気を遣うことに疲れてしまっていなくなってしまいたいと思ったことも何度もあります。

僕も普通の人間で、嬉しいこともあれば悲しいこともあり、好きなこともあれば嫌いなこともあります。

一気に変えていくのは難しいと思ったので、まずできることからやってみることにしました。

それが「思い込みを捨てる」だったのです。

もっと具体的にいうと、

●詳しく知りもしないことをいきなり否定しない
●フラットな気持ちで物事を見るように
●成功体験を作ってからこだわれば良い

こんな感じです。

僕の考え方はすごくシンプルで、自分自身への戒めとして、「何も成功も成し遂げたいことの実現もしていないんだから、お前なんてこだわるな、思い込むな、調子に乗るな」と思うようにしていたんですね。

これを決心し、思い込みを断つ決断をすると見える世界、感じる世界がものすごく変わります。

フラットな視点で物事を見られるようになったので、

●ふ〜ん、こういう世界もあるのか
●なるほど、こうやって生きてる人もいるんだな
●幸せって意外とシンプルなのかもね

というふうに、頭が柔軟になり、自分自身の心を苦しめていた感情から解放されたような感覚になります。

そのあとは選別していく感じです。

自分に向いているもの、自分の好きそうなものを自分自身の本音から選んでいきました。

そして「学び」や「気付き」も多くなっていきます。

頭ごなしになにかを否定することも、必要以上に拒絶反応を示すこともなくなるので、広い視野で物事を見られるようになります。

柔軟に考え、学びや気付きも増えると、今度は「原理原則」や「本質」や「根本」を見つけやすくなります。

こうなることで、悩みや迷いが深くなる前に大切なポイントに気付くことができるようになるので、生きづらさから解放されることができたのです。

我慢していることはないですか?

最後に我慢のお話。

突然ですが質問です。

今、あなたは我慢していることはありませんか?

【我慢していると答えた方】
その我慢を今少しだけでも解放させることはできませんか?

【我慢していないと答えた方】
本当に我慢していませんか?本音を隠していませんか?

我慢の先に待ち受ける結果は「苦しみ」などのマイナスな感情に繋がることがほとんどです。

例えば、ご飯を食べるのを我慢していた場合、この先に待ち受けているのは幸せですか?それとも苦しみですか?

ダイエットを目標にしていたとしても、ご飯を食べないダイエットは不健康ですしリバウンドしやすい体になりますから、最終的には「苦しみ」に繋がってしまいます。

また、眠たいのに我慢をしていた場合、この先に待ち受けているのは幸せですか?それとも苦しみですか?

これはもちろん苦しみですよね。

このように、あらゆる出来事に対して自問をしてみてください。

「その我慢、自分を苦しめてない?」
「できないと思っている理由はそれ本当?」
「できないと思いこんでるだけじゃない?」
「できる範囲でやってみたら?」

何度もこのブログでもお伝えしていますが、自分の人生の主人公は自分です。

つまり、自分自身のリーダーも自分自身なのです。

自分というリーダーが自分を良い方向へ導くか、良くない方向へ導くか、これは自分の考え方次第なのです。

自問を繰り返し、自分なりの答えを見つけていくことで、考える力も養われていきます。

こういうときはこうしよう、こうなったらこうすれば良いという自由な発想を持つこともできるようになります。

とにかく自分自身を苦しめている「なにか」を洗いざらいにして、ひとつずつ解放させていっていただきたいと思っています。

くれぐれも一度で一気にやろうとせず、ひとつずつです。

階段を一歩ずつ上がっていくように、ステップ・バイ・ステップを行なっていかないと「自分の力」になりません。

途中でステップから転げ落ちても大丈夫です。そのときはまたこのブログに戻っていただけたら、あなたにきっと役立つ記事を用意しておきますので。

もっと学びませんか?

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

関根 浩平/KOHEI SEKINE

悩みの根本原因を見抜き、根本から改善に導くコーチ・マインドコンサルタント。エンパス・HSPを活かして生きる、心の専門家。

心を知ると経営、恋愛などすべての人生に役立ちます。

顔色を伺って意味のないセッションは大嫌いなので、「結果」に全力投球しています。

リピート率87%、累計顧客数813名。

-自立支援・自己実現
-,

© 2020 Since 2011 COMCONA INC. All Rights Reserved.