自立支援・自己実現

世の中全員が「幸せになる権利あり」

2019年7月28日

こんにちは、エンパシスト兼マインドプロデューサーの関根(@cekineco)です。

いきなりですが、人生の超本質を言います。

タイトルにもあるように、世の中の全員が「幸せになる権利あり」です。

どんどんいきます。

世の中の全員が「愛される権利あり」
世の中の全員が「愛する権利あり」
世の中の全員が「楽しむ権利あり」

そして、

世の中の全員が「他人の人生を指図する権利なし」

です。

とてもシンプルですが、そのとおりだと思いませんか?

そのとおりだと思うのに、この超本質を見失ってしまっている人が多いのです。

「どうせ私なんて…」
「私なんて不幸な人生しか歩めないんだ」
「つまんない人生だから早く終わりたい」
「生まれてこなけりゃ良かった」

こういう思いに至ってしまうまでに、たくさんのつらいことや悲しい出来事があったことは想像できますし、僕も実際一時期こういう思考だったのでよくわかります。

僕は「自分を変えなきゃいけないんだったら、そこまでして願いを手に入れるとか幸せにならなくてもいいや」って思ってましたからね。

生ぬるく、自分に甘く生きてきた人間だったので、「努力」とか「忍耐」とかが大嫌いというか、できなかったんですよね。

でも、ある日それがちっぽけなプライドや本心を隠していることに気が付きました。

ですから「どうせ俺なんて…」って思い込んでいたんだと思います。そして、自分ひとりで生きている、自分ひとりの力でここまできたって、傲慢な思い込みもあったと思います。

だからこそ自分自身が一番びっくりしてます。

人間、こんなに変わるもんかねって。

伝えたいこと

人間、いつか死にます。

それが明日かもしれない、1年後かもしれない、30年後かもしれない、これは誰にもわからないことです。

僕は自分自身が勝手に作り上げた「ちっぽけなプライド」で自分自身を苦しめ、悩ませ、人生諦めの気持ちまで持ってしまいました。

「こんなことでつまらない人生にするのは嫌だ!死ぬ日なんていつかわかんないんだから、どうせなら楽しみたいし幸せになりたい!」って本気で思うようになりました。

このブログを読んでくださる方の中にも、もしかしたら自分自身が勝手に作り上げてしまったネガティブな思い込みがあるかもしれません。

僕は、自分の中に自分という敵を作っていました。

ですが本来は、自分の中に自分という味方がいなきゃいけないはずなんです。それは自分の人生は自分が主人公だからです。

本当の気持ちを自分自身に隠して今苦しんでいるのであれば、それを解放しましょう。

仲の良いお友達、信頼している人に話を聞いてもらって、どんなに泣いても良いから本心を一度出してみませんか?

もしそのような仲間が身近にいらっしゃらない方は僕のTwitterのDM、Facebookのメッセージで僕にお話いただいても構いません。

本当はこうしたいのに!
もっとこういうことしたいのに!

こういう気持ちがあると思います。
むしろ、これを実現させないで死んじゃだめです。

あなたを愛してくれる人は必ずいます。
その愛を真っ直ぐに受け止め、愛でお返しするだけ。

人に甘えちゃいけない
人を頼っちゃいけない
自分だけが苦労しなきゃいけない

こう思い込んでしまうと人生つらいです。

人生楽しく生きている人は、
人に甘え、人を頼り、自分が楽になれる方法を迷わず選択します。

恋愛にも仕事にも人生にも共通するお話だと思いましたので、今回こちらをお伝えさせていただきました。

最後に、ぜひこれを口癖にしてみてください。

「私だからできることがある」

そうすれば、今は見つからなくて自信がなくても、いつの日か必ず見つかります。

もっと学びませんか?

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

関根 浩平/KOHEI SEKINE

生まれ持った気質である「エンパス」を使い、2014年から精神の専門家として北は北海道、南は沖縄県までの累計738名以上の方々の恋愛、結婚、人間関係、仕事、人生など精神支援と目標支援を行なっています。

猫3匹、犬1匹に毎日癒やしをもらって過ごしています。「なんちゃって自己啓発」が大嫌いです。


-自立支援・自己実現
-,

Copyright© ROOT MIND PRODUCE , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.