焦れば焦るほど結婚できない人になってしまう理由と改善策【ワークあり】

婚活・結婚

こんにちは、マインドコンサルタントの関根(@cekineco)です。

自分は結婚できるのかと不安に感じて焦っている人、年齢的にそろそろ結婚しなければヤバいと焦っている人、婚活されている人の心の中は様々です。

焦れば焦るほど「どうしよう」という気持ちが先走ってしまってしまうと思います。

結論からお話しますと、焦れば焦るほど結婚できない人になってしまう可能性が高くなります。

先日こんなTweetをしました。

焦れば焦るほど大切なものに気づけないことがあります。「急いでいるのに鍵や財布が見つからない」みたいな感じですね。盲点というやつですね。

こういうときは、焦っている原因を知り、脳をリラック状態にすることで盲点に気づくことができます。時間と心に余裕を持つことって大切だと思うのです。

そうなんです。

焦りというのは余裕がない状態のことを指していますので、盲点が数多くできてしまうのです。

その結果、結婚に必要な情報や結婚相手になりそうな人を見逃してしまうことに成りかねません。

ちなみにこの盲点のことを脳科学的には「スコトーマ」と表現されます。盲点の正式名称は「心理的盲点」といいます。

スコトーマ(盲点)に隠されているもの

Tweetと重複してしまいますが、焦っているときに鍵や財布が見つからないことはありませんか?

「あれ?ここに置いといた携帯知らない?」と妻に聞くと、「目の前にあるよー!」なんてことがちょこちょこあります。

目の前に存在しているものなのに視界に入っていない状態、これがスコトーマ(盲点)の最大の特徴です。

そして既にお気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、この盲点に隠されているものはとても大事なものであることが多いのです。

結婚で焦っている人に場合、「早く結婚相手を見つけなきゃいけない」ということや「早くプロポーズしてもらいたい」ということばかりに意識が行ってしまい、本質的なものを見失っているかもしれません。

盲点に隠されているものは次のようなものです。

●自分の在り方
●相手を思いやる気持ち
●自分を大切にする気持ち
●自分ができること
●自分にしかできないこと

とても大切もものだと思いませんか?

結婚の焦りを取り除く方法

焦りというのは、心理的なものです。

この心理的なものが心理的盲点となっていることがとても多いのですが、この焦りを取り除く方法があります。

厳密にいうとスコトーマ(盲点)を取り除く方法といった感じです。

結婚の焦りを取り除く方法は、冷静になることです。

「は?それだけ?そんなの当たり前じゃん!」

と思った方もいらっしゃるかもしれませんが、わかっていてもできないのが私たち人間の特徴でもあるのです。

いち早く結婚したいと思っているのに冷静になることはとても難しいことだと思いますし、かと言って結婚を1年遅らせても良いなんて流暢なことを言える人は少ないと思います。

この冷静さを持つために僕がオススメしている方法があります。

それは、1日〜2日間だけ冷静になって盲点とその原因を探すことです。

これならばできそうな気がしませんか?

そして結婚における盲点は先程も挙げたものです。

●自分の在り方
●相手を思いやる気持ち
●自分を大切にする気持ち
●自分ができること
●自分にしかできないこと

すごく簡単なので、まずはノートとペンを用意してください。そして、どんなにゆっくりでも良いのであなたの精一杯の上手な字で次の通り書き進めてください。

(1)ノートに上の5つの項目をスペースを空けて縦に書いてください。

(2)自分自身を見つめて、欠けていたこと、大切な感情、好きな人ができたらしてあげたいこと、好きな人ができたらしてもらいたいこと、自分自身の強みをできるだけたくさん書いてください。

(3)焦っていた自分を思い出し、何が原因で焦っていたのかを書いてください。

(4)焦っている最中に起きた良い出来事を書いてください。

(5)焦っている最中に起きた悪い出来事を書いてください。

すべて書き終わったらオシマイです。

ここで書かれていることは、今日までの焦っていたあなたには見えていなかったものです。

もしかしたら、結婚の焦りで本当は優しいあなたが誰かに冷たい態度を取っていたかもしれません。

本当はあなたにしかできないことがたくさんあるはずなのに、焦りで相手に求めることばかり考えてしまっていたかもしれません。

それでは結婚できるものも、その焦りが原因で結婚ができなくなってしまうかもしれませんし、できたとしても数年先になってしまうかもしれません。

1日だけ冷静になるだけでも全然違いますから、ぜひ今日ノートとペンを出してトライしてみてください。

冷静に迅速に

冷静になるということは、ゆっくりと進めていくということではありません。

フルマラソンをイメージしてください。

「よーいどん」でスタートし、いきなり全力疾走したら42.195kmという長い長い距離を走り切ることはできません。

途中で休憩を挟んでも、体力の消耗や体への負担が多すぎてもう走れなくなってしまうかもしれません。

そのうちしっかりとペースを考えてスタートした人たちに追い抜かれ、奇跡的にゴールできたとしても順位はあまり良くない結果になってしまうと思います。

冷静になるということは、フルマラソンで言えば、

●ペース配分
●仕掛けるタイミング
●周りの状況

このあたりのことを考えることです(マラソンの専門家ではないので素人考えで恐縮ですが…)。

心に余裕がなくなってしまうと、普段見える世界も違って見えてきてしまいますし、何かを考えようとしても良い思考は生まれません。

逆に、少し心に余裕を持つだけで足りないものを考えたり、普段気が付かないことに気付いたりすることもできます。

これが「冷静に迅速に」の意味です。

 

1人で過ごしていると焦りを消したくても消せないという方もいらっしゃるかもしれません。

僕のセッションをお受けいただきますと、ほぼ強制的に90分〜120分間は焦りを感じず、冷静な時間をつくることができます。

冷静になることだけでなく、あなたにできることやあなたにしかできないことをともに見つけ出し、結婚をグッと引き寄せていきましょう。

現在、恋愛結婚相談のお悩み受付中です。

よろしければご活用ください。

恋愛や人間関係の戦略を悪用されない程度に発信するLINE【無料】

関根 浩平

関根 浩平

生まれつきのエンパスとHSPの2つの気質を活かし、徹底した読み解き力で戦略を組み立てる恋愛・結婚・マインドコンサルタント。 1対1でガッツリ語り合うセッションとコンテンツ発信に力を入れ、2014年から総勢1021人以上の方々を問題解決へと導く。 リピート(継続)率は91%。 得意な技法は、エンパス、心理学、人相学、脳科学。 妻と0歳の息子(通称:ぷんた)、猫3匹、犬1匹の微妙に大家族。 強みを活かして企業やフリーランスの方々のホームページ制作もしてますが、WEBデザイナーではないのです。

関連記事

特集記事

関根 浩平

関根 浩平

生まれつきのエンパスとHSPの2つの気質を活かし、徹底した読み解き力で戦略を組み立てる恋愛・結婚・マインドコンサルタント。 リピート(継続)率は91%。 得意な技法は、エンパス、心理学、人相学、脳科学。 妻と0歳の息子(通称:ぷんた)、猫3匹、犬1匹の微妙に大家族。

心理戦略

新着コンテンツ

  1. 新社会人の不安の解消は「どのポジションを取れるか」で決まるかもしれない。

  2. 自分だけ怒られることに理不尽と感じるときの捉え方と怒らせない心理戦略術。

  3. 「自己犠牲の精神」の捉え方を間違えると幸せは遠ざかる。

  4. 自分の価値は自分で決めるのか、それとも誰かが決めるのか。

  5. 『信じてたのに裏切られた。もう誰も信じない』って言うけど、それって・・・

  6. 【精神疾患と恋愛結婚】自分の過去や現在をさらけ出し、相手に迷惑をかけてください

人気記事ランキング

  1. 1

    【実例あり】あげまん女性と別れたらどうなるのか専門家が解説【復縁の方法も】

  2. 2

    【究極の思考】結婚も人生も、なるようになるし、なるようにしかならない。

  3. 3

    別れた男が不幸になる?!そんなあなたのスキルはあげまん女性なのです。

  4. 4

    HSPの原因は?親?脳の病気?家庭環境?【僕の幼少期の体罰問題も話します】

  5. 5

    子供のリストカットをやめさせるにはどうしたら良いかをお答えします【実話を話します】


毎週金曜日 夜9時にnoteで配信中。性の話もタブーなく切り込んでいきます。

 

結婚する前に境界性パーソナリティ障害を患っていた妻と、本気で向き合った軌跡を綴ってます。

TOP