婚活・結婚

結婚したいと思わせるコツは自己成長と未来イメージの2つです。

2019年12月28日

こんにちは、エンパシスト兼マインドプロデューサーの関根(@cekineco)です。

お付き合いしている彼と結婚したい、彼女と結婚したいと思っていても、なかなか相手が結婚に踏み出してくれないということもあると思います。

結婚適齢期の相手が結婚に踏み出してくれない理由は大きく分けて2つ。

・結婚という縛りを感じず独り身で楽しみたい
・この人と今結婚して幸せになるイメージができない

どちらもコミュニケーションによって明らかにしていくこともできます。理由の良し悪しに関わらずしっかり話し合いましょう。

Tweetにありますように、相手が結婚に踏み出してくれない理由は大きく分けて2つあり、まずはどちらの可能性が高いかを知っていくのが良いです。

どちらの理由かによってアプローチの仕方が変わります。

今回はそれぞれの理由に合ったアプローチの仕方や自分自身ができることについてお話していきます。

この記事を読み終わったあとに、あなたができることをじっくりと考え、彼または彼女と良い話し合いをしていただけたらと思います。

恋愛は良いけど結婚は嫌だ

男性、女性に限らず、責任も身軽な恋愛は積極的にすることがあったとしても、仕事に一生懸命だったり、やりたいことがあったりすると「結婚するのは嫌だなぁ」と感じていることがあります。

これが女性であれば以下のような想いを感じていることがあります。

結婚に対して女性が感じやすいこと

●結婚したら家事をしなければいけない
●結婚したら自分の好きなことができない
●結婚したらいろいろと制限される
●子供ができたら自分の好きなことができない
●仕事を辞めなきゃいけないかもしれない

一方男性であれば以下のような想いを感じてることがあります。

結婚に対して男性が感じやすいこと

●お金の制限が増える
●結婚できる器がまだない
●子供を育てる自信がない
●行動の自由が減る
●まだ結婚しなくても良い

男性と女性で感じやすいことに違いはありますが、とくに女性の場合は昔からのイメージもあることで「結婚したら◯◯しなきゃいけない」と思っていることが多いです。

相手に結婚したいと思わせるコツ

これを踏まえた上で、タイトルにもある結論がこちら。

結婚することにより多くの制限を感じているから結婚に踏み出せない男性、女性もいます。その場合、制限を最小限にすることで良い未来イメージを持たせることが可能です。

・自己成長
・未来イメージ

この2つが相手に結婚したいと思ってもらうコツです。一緒に成長できる人と結婚しましょう。

この2つのコツをもう少し深堀りしていきます。

自己成長

相手に結婚したいと思ってもらうためには、当然のことながらあなたの欠点を受け入れられる「愛」が必要ですが、愛があってもあなたとの未来に良いイメージができなければ「あなたと結婚したい」とは思ってもらえません。

相手からの愛に甘えていて「自分はこのままで良いんだ」と満足してしまうと自己成長の意識が弱くなりますし、そもそも自己成長の大切さや意味にも気が付かないかもしれません。

もし相手が「自分はもっと成長していきたい」と思っているにも関わらず、あなたに成長の意欲がなければ相手はあなたとの未来に良いイメージを持つことが難しくなります。

今はこれで良いかもしれないけど、長い目で見るともっと成長に意欲的な人が良いかも

このような感情で結婚に踏み切れない人もいるということを頭の片隅に置いておいていただけたらと思います。

自分を磨くこと、器を大きくすること、広い視野を持つこと、柔軟な対応ができること、客観的な視点を持って人を思いやれること、これらは自己成長によって育んでいくものです。

未来イメージ【制限編】

抽象的かつシンプルに「未来イメージ」とお伝えしていますが、この未来イメージには様々な意味があります。

具体的にいいますと、

●相手が感じる制限への対応
●相手と自分の思い込みを取り払う
●相手が結婚で求めていることを知ること
●あなたのスキル・ライフテーマを共有すること
●2人が結婚生活に求めていることの共有

このあたりです。

例えば、あなたが男性、相手が女性だったとします。

あなたは結婚したいと思っていて、相手の女性はまだ結婚に踏み出せなかった場合に、その理由のひとつとして「仕事が好きなのに辞めなければいけないかも」と感じていたとします。

あなたは言葉では「結婚しても仕事を続けても良い」と伝えていたとしても、きっと女性は「じゃあ子供ができたら?」「子育ては?」とその先のことを考えているかもしれません。

ですからこの場合は、まず相手がどんな状況を求めているかを質問してみると良いです。

「誰かの気持ちとは一切考えずに自分の気持ちだけで考えたら、仕事はどうしたい?」
「誰かの気持ちとは一切考えずに自分の気持ちだけで考えたら、子供ができたら仕事はどうしたい?」

この質問に対する相手の回答をあなたがどこまで受け入れられるかです。

世間体や世間の常識で物事を決断していくと後悔することや生きづらさを感じることがあります。

あくまで「あなた」と「相手」が望み、2人が納得できる状況であることが一番大切なのです。

未来イメージ【スキル・ライフテーマ編】

結婚は、あなたのスキルやライフテーマを共有し、相手がそのスキルやライフテーマを求めていたり、強く共感した場合に実現しやすいものです。

スキルとライフテーマについて簡単に解説しておきますね。

スキル

あなたが持っている能力。
冷静に自分が「できること」「得意なこと」を分析します。

自分自身の判断でそのスキルの強弱を決めつけるのではなく、客観的視点を持ってこのスキルを設定しておきましょう。

ライフテーマ

あなたの人生の理想のテーマや結婚生活の理想のライフテーマのこと。

「旅行が大好きだから、年に1回〜2回、一緒に旅行に行って楽しめる相手と結婚したい」などもライフテーマになります。

もし相手がなかなか結婚に踏み出してくれない場合、あなたが持っている能力とライフテーマに魅力を感じていない可能性があります。

もしくは、あなたの能力やライフテーマをきちんと相手に伝えられていないのかもしれません。

●僕(私)はあなたとこんな人生を歩んでいきたい
●僕(私)にはこんなスキルがあるからあなたの目的や目標のサポートができる

このように、あなたのスキルとライフテーマを存分にアピールして、相手が求めているスキルやライフテーマ、または目標を実現させる約束ができれば結婚に踏み出してもらえるかもしれません。

結婚したいと思わせる表面上のテクニックにはご注意を

誰しもが「できるだけ楽をして目標を実現させたい」と思うものですが、この思考が強すぎると結果的には遠回りになることもありますし、騙されてしまうこともあります。

例えば、心理学を悪用し洗脳を使えば相手に結婚したいと思わせることは可能です。

相手の弱い部分を見抜き、そこにつけ込むようにアプローチしていけば、洗脳はそんなに難しいことではありません。

ですが、洗脳はあくまで洗脳。
本気で相手に結婚したいと思ってもらわなければ、安心した楽しい結婚生活を送っていくことはできません。

あなたが結婚したいと思っている相手が、どんな人を望み、どんなスキルやライフテーマを望んでいるのかを知り、そこに対して本気で向き合ってください。

この部分を今は軽視してしまっていたとしても、今回ここでさせていただいた話の意味を深く理解できる日が来ると思います。

本気で結婚を目指すなら、あなたの人間性の魅力、そして男性なら男性としての魅力、女性なら女性としての魅力を存分に高めていきましょう。

もっと学びませんか?

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

関根 浩平/KOHEI SEKINE

悩みの根本原因を見抜き、根本から改善に導くコーチ・マインドコンサルタント。エンパス・HSPを活かして生きる、心の専門家。

心を知ると経営、恋愛などすべての人生に役立ちます。

顔色を伺って意味のないセッションは大嫌いなので、「結果」に全力投球しています。

リピート率87%、累計顧客数813名。

-婚活・結婚
-, ,

© 2019 ROOT MIND PRODUCE