結婚できない30代女性の理想が高くなる理由とは?

婚活・結婚

こんにちは、マインドコンサルタントの関根(@cekineco)です。

とある30代の女性から、「昔に比べて理想が高くなったと思うんだけど、でも、どうして理想が高くなってしまうんだろう」という質問を受けました。

まず、理想が高くなったことはさておき、「自分の理想が高くなったんじゃないか?」ということに気づき、それを自問したことが何よりも素晴らしいことだと思っているんですね。

変化や成長は気づきからはじまるので、こういった自問がない人は変化や成長までに時間がかかることが多いんです。

 

もちろん気づくだけじゃなく、ここから、

無意識に理想が高くなってしまっているから、一回ちゃんと足元を見直そう!

と思えるかどうかで、手に入れていくものは変わってくると思います。

とはいえ、この疑問の答えを知っておいて損なことは絶対にないと思いましたので、お話していきますね。

 

最大の問題は凝り固まった思考

細かな理由を挙げるのは後ほどにして、まずは結論からですが、最大の問題は凝り固まった思考が原因になっていると僕は考えています。

良い思考にしても良くない思考にしても、ずっとその思考のままで居続けたら誰でも凝り固まります。

簡単な言葉でいうと「頑固」と「柔軟」ですね。

 

良い思考だったらそのままの思考で居続けてもいいんじゃない?と思うかもしれませんが、それはその通りです。ですが、物事は表裏一体なので、デメリットも隠されているんです。

たとえば、「人を傷つけちゃいけない」という思考は素晴らしい思考です。

多くの人が真似をしてほしい思考ですし、デメリットなんてないように思えると思います。

ですが、ちょっといいなと思った人が、人のことよりも少しばかり自分を優先して、人の気持ちを踏みにじる傾向にある人だったとしたら、「人を傷つけちゃいけない」という思考が「好き」という気持ちにブレーキをかけてしまうわけですね。

20代だったら、もしかしたら「こういうところもあるけど、自分と付き合っていくうちに変わってくれたらいいや!」と思えても、30代になって頑固さやプライドもアップしていたら「この人は無し」とそこで線引きしてしまいがちです。

 

育てていく思考が最強であると思う理由

僕は恋愛・結婚のマインドプロデュースにおいて、「あげまん女性」になることを強く強くオススメしているわけですが、あげまん女性になれば、このあたりもすべて網羅してしまうんですね。

どういうことかといいますと、上の例でいえば、もしその男性が「人の気持ちを踏みにじる傾向にあることで」何らかの損失を生み出しているのであれば、教育して変化してもらい、変化したことで起こりうる未来を見せてあげればいいんです。

 

あげまん女性はこれができるので、「好き」という気持ちに自分がブレーキをかける必要もないですし、細かな男性の理想を掲げる必要もなくなります。

「柔軟な男性」や「成長意欲のある男性」を理想として定めておけば、あとはあげまん女性自らが育てていけるからですね。

 

無意識な焦りも理想が高くなる理由になる

結論としては、凝り固まった思考が根本的な原因とお伝えしましたが、無意識に感じている焦りも理想が高くなっていく理由になります。

まだ焦らなくても良かった10代20代半ばぐらいまでは、付き合ってみてから相性を確かめてみたり、良いところもたくさんあるかもしれないと思って、「う〜ん」と思ったところは一度目を背けたかもしれません。

 

ですが、頭では「焦らずに見極める時間が大切」と思っていても、無意識に焦りを感じ、見極める時間などをショートカットしようとする人もたくさんいるんですね。

要するに、今、自分の目の前に写っている相手の状態がすべて、みたいな感じです。

良いところを見ようともしていないのに、「良い人がいない」と言っているかもしれないということに、一度気づいてみることも大切なんですね。

 

価値観のすり合わせを行なうつもりがないと詰むかもしれない

価値観のすり合わせを行なうつもりがない人も問題で、「自分の価値観=正解」という凝り固まった思考があることもあります。

違った価値観を持っている2人でも、すり合わせを行えば良い落とし所が見つかるかもしれません。

もちろん良い落とし所が見つからないこともありませんが、すり合わせを行なってみないことにはわからないことなんですね。

 

結婚前にこれをめんどくさがった人は、今価値観が合わなくて悶々としている夫婦もいますし、これが理由で離婚や別居、家庭内別居をしている人もたくさんいます。

むやみやたらに慎重になる必要もないですし、慎重になりすぎたが故に結婚が遠ざかることもあるのでほどほどが大切ですが、30代になったからこそ疎かにしないでじっくりと見ていくポイントもあります。

それがこういった価値観だったりするわけですね。

 

恥ずかしい人も多いみたいですが、性生活の価値観だってものすごい大切ですし、「夫婦」「子供」「子育て」「教育」「暮らし」「家」などの価値観だってかなり大切です。

 

 

柔軟に自分を見つめると婚期は近づく

相手のために自分はなにができるか、自分が持っているスキルで相手をどうしてあげられるか、こういった考えには柔軟さと自分を見つめることが必要なんですね。

婚期が近づくというと占いやスピリチュアル的な要素が強まるかもしれませんが、自分を見つめることができたタイミングや、見つめようと思ったタイミングが結婚に向けて進み出す準備のようなものです。

 

結婚はただすればいい、誰とでもいいわけじゃないからこそ自分の外側に目を向けるのではなく、まずは自分の内側に目を向けて、自己理解を深め、自分の良いところと課題点を知ってください。

自分が設定したものがすべて自分に返ってくるものであり、自分が乗り越えるハードルなので、理想は高くするのも低くするのも自由です。

 

 

恋愛や人間関係の戦略を悪用されない程度に発信するLINE【無料】

関根 浩平

関根 浩平

生まれつきのエンパスとHSPの2つの気質を活かし、徹底した読み解き力で戦略を組み立てる恋愛・結婚・マインドコンサルタント。 1対1でガッツリ語り合うセッションとコンテンツ発信に力を入れ、2014年から総勢1021人以上の方々を問題解決へと導く。 リピート(継続)率は91%。 得意な技法は、エンパス、心理学、人相学、脳科学。 妻と0歳の息子(通称:ぷんた)、猫3匹、犬1匹の微妙に大家族。 強みを活かして企業やフリーランスの方々のホームページ制作もしてますが、WEBデザイナーではないのです。

関連記事

特集記事

関根 浩平

関根 浩平

生まれつきのエンパスとHSPの2つの気質を活かし、徹底した読み解き力で戦略を組み立てる恋愛・結婚・マインドコンサルタント。 リピート(継続)率は91%。 得意な技法は、エンパス、心理学、人相学、脳科学。 妻と0歳の息子(通称:ぷんた)、猫3匹、犬1匹の微妙に大家族。

心理戦略

新着コンテンツ

  1. 新社会人の不安の解消は「どのポジションを取れるか」で決まるかもしれない。

  2. 自分だけ怒られることに理不尽と感じるときの捉え方と怒らせない心理戦略術。

  3. 「自己犠牲の精神」の捉え方を間違えると幸せは遠ざかる。

  4. 自分の価値は自分で決めるのか、それとも誰かが決めるのか。

  5. 『信じてたのに裏切られた。もう誰も信じない』って言うけど、それって・・・

  6. 【精神疾患と恋愛結婚】自分の過去や現在をさらけ出し、相手に迷惑をかけてください

人気記事ランキング

  1. 1

    【実例あり】あげまん女性と別れたらどうなるのか専門家が解説【復縁の方法も】

  2. 2

    【究極の思考】結婚も人生も、なるようになるし、なるようにしかならない。

  3. 3

    別れた男が不幸になる?!そんなあなたのスキルはあげまん女性なのです。

  4. 4

    HSPの原因は?親?脳の病気?家庭環境?【僕の幼少期の体罰問題も話します】

  5. 5

    子供のリストカットをやめさせるにはどうしたら良いかをお答えします【実話を話します】


毎週金曜日 夜9時にnoteで配信中。性の話もタブーなく切り込んでいきます。

 

結婚する前に境界性パーソナリティ障害を患っていた妻と、本気で向き合った軌跡を綴ってます。

TOP